エコ設備編

近年、社会的なムーブメントとなっている「エコ」。
家電製品にも、エコや節電効果をうたうものが数多くあります。
エコや節電は、それ自体が目的ではなく、私たちの暮らしをより良くするのが第一。
この原則を忘れず、エコリフォームを考えてください。

現時点で最強のエコ設備・エコキュート

エコキュートプロの電気店として、リフォームでぜひ導入をおすすめしたいのが、「エコキュート」です。

エコキュートとは、簡単に言えば、空気の熱でお湯を沸かす電気給湯機。ヒートポンプ技術を利用して、二酸化炭素を冷媒として給湯します。

「エコキュートって、高いんでしょ?」そう思う方も多いと思います。確かに、初期費用はかかります。ですがエコキュートには、それを補って余りある、光熱費カットの大きな効果があるのです。

年間12~15万円の大幅節約も

たとえば、冬場、3~4人家族の場合。ガス湯沸かし器だと、給湯に使うひと月のガス代は、1万円を超えます。これがエコキュートだと、給湯にかかる電気代は、ひと月わずか、1000~1300円!関西電力の「はぴeタイムプラン」で、割安の深夜電力を使うからです。夏場だと、もっと安くなります。

年間だと、ガス給湯器と比べて12~15万円もの節約。数年もあれば、イニシャルコストを回収できるでしょう。
現時点で「エコで経済的」という点では、エコキュートにかなうものはない、と断言できます。

LED電球は、「エコ」と「便利さ」を見極めて

LEDへ交換節電・省エネ志向から、蛍光灯や白熱電球を、LEDに変える方が増えています。LEDの魅力は、何と言っても省電力・長寿命が売り。価格も近年は、出始めた当初と比べると、ずいぶんお求めやすくなりました。

だからといって、今、なんでもかんでもLEDにリフォーム、というのは違うと思います。
ご存じの方も多いでしょうが、現在のLEDは、蛍光灯などに比べて、まだまだ暗いのが難点です。特に、お住まいの廊下の照明などには、力不足。いくらエコでも、生活が不便になっては、いけませんよね。

急いで取り替える必要はありません

ダウンライト取り付け風景現実的には、今は従来の蛍光灯や白熱電球などを活用して、今後LEDがもっと明るくなったら交換、というのが良いと思います。時代はエコ、でありますが、先を行くばかりが、良いこととは限りません。お客様の生活が便利になるかどうか、が大切だと私たちは考えています。

ちなみに、照明設備について、弊社がおすすめしているのは、ダウンライトの照明。天井埋め込みなのでスタイリッシュで、かつ明るさも十分あります。

太陽光発電導入に失敗しないために

「地球環境に貢献できる、エコな電気設備」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが、太陽光発電でしょう。太陽のエネルギーを電気に変えて、ご自宅での利用はもちろん、売電でお小遣いも。国の後押しもあって、急速に普及しているようです。

この太陽光発電システム、新築の家に取り付けるならともかく、後付けのリフォームの場合は、いろいろと考えねばならないことがあります。

導入時には、必ず屋根のチェックを

ソーラーパネルまずは、屋根そのものの重さ。「屋根編」でも書きましたように、屋根はとても重いものです。たとえば、旧来の和風瓦の屋根は、1坪あたり250キロ。この上に、さらに大きなソーラーシステムが載るとなると、「ほんとに大丈夫?」となります。きちんとした荷重の計算は不可欠です。

また、これも「屋根編」にあげました通り、屋根には長期的に、補修や塗装などのメンテナンスが必要です。太陽光パネルが載っていたら、それを一度屋根から降ろして、補修して、また戻して、となり、工事も費用も大変。

もちろん、太陽光発電を設置するメリットも、たくさんあります。大切なのは、ブームに流されないこと。そして、導入するならば、最低限、設置する屋根の形状、状態、維持などに配慮することです。

各店舗のご案内

あやめ池と東登美ヶ丘の2か所に、店舗を構えております。

スタッフ紹介

カタログ請求

おススメ設備情報

現場レポート

補助金情報