屋根編

普段はほとんど目にしない屋根ですが、見えないところで、経年劣化は進んでいます。
築20~30年を超えると、たいていの屋根は下地が傷みます。
家のてっぺんで、私たち守り続ける屋根。しっかりメンテナンスしてあげましょう。

想像以上に、屋根は重い!

日本瓦屋根の「重さ」って、考えたことがありますか?

日本古来の和風瓦は、下地の土もあわせて一坪あたり、なんと180~250キロ!最近の新築に多い平板瓦は、およそ140キロ。比較的軽い人造スレート瓦、いわゆる「カラーベスト」でも、70~75キロです。

仮に、建坪30~35坪の和建築の場合、屋根の面積は約45坪。最も重い瓦だと、実に11.25トンもの荷重が、家の真上に載っているのです。もしここに、大地震がやってきたら...。まさに、私たちの頭上に、大きな脅威が潜んでいると言えるでしょう。

屋根の葺き替えは、最良の耐震対策

屋根材特に古い住宅について、屋根の葺き替えは、リフォームであるとともに、耐震工事でもあると思っています。最近は、非常に軽い和風瓦ができています。たとえば、ケイミュー(※)の「ROOGA(ルーガ)」は、和風瓦の重厚感はそのままに、一坪あたりの重さはわずか64キロ。和風瓦の約3分の1、平板瓦と比べても半分以下です。
今の構造のまま、負荷が3分の1になるならば、その耐震効果は言うまでもないでしょう。

屋根の葺き替えリフォーム、費用は決して安くありません。「雨漏りもしてないし、どうせ見えないところに、そんな...」と思われるかもしれませんが、大切な家を守る、耐震工事と考えてみれば、いかがでしょうか。

(※)ケイミュー(KMEW):住宅建材の製造販売・リフォーム事業を手がける、クボタとパナソニックの合同出資会社

塗り替えか、葺き替えか?

屋根施工風景屋根って、一度取り付けたら、あとはずっとそのままでいい、と思っていませんか?

来る日も来る日も、照りつける日光や、雨風にさらされる屋根。目には見えませんが、日々確実に劣化しています。

一般住宅に幅広く使われている「カラーベスト」は、価格が安いぶん劣化も早く、表面の塗り替えが何度も必要です。さらにやがては、表面が砂状化して、塗ることも難しくなります。また、割れの心配もあります。
丈夫そうな和風瓦も、棟の部分の漆喰を塗り替えなければ、瓦自体や棟の寿命を短くしてしまいます。

こういった、屋根のメンテナンスに関しても、やはり優れているのは最新の建材。先ほどご紹介した「ROOGA」は、見た目にも美しく、しかも30年メンテナンスいらず、という優れもの。屋根のリフォームには、ぜひおすすめしたい瓦です。

屋根リフォーム事例のご紹介

各店舗のご案内

あやめ池と東登美ヶ丘の2か所に、店舗を構えております。

スタッフ紹介

カタログ請求

おススメ設備情報

現場レポート

補助金情報